ドアモニターは防犯対策や訪問販売対策として、真っ先に導入を勧めたい定番アイテムです。

ドアモニターを取り付ける

 

防犯対策として強くオススメしたいのが、ドアモニターの取り付けです。

 

インターホンのバナー

既に付いているという家も多いとは思いますが、まだ導入していないのであれば、是非オススメしたい商品です。

 

ドアモニターとは、自宅のインターホンが押された際に家の中から映像付きで話をする事ができるものです。

 

音声のみのタイプもありますが、モニター付きの商品であれば、実際に訪問者の顔を確認する事ができるのと、家の前に不審者がいる時に、映像で家の外の状況を確認する事ができます。

 

【空き巣対策】ダミーカメラで防犯対策

 

 

 

ドアモニターの商品別の特徴・相場

 

工事必要タイプ

一般的なドアモニターは家の中に配線を通して電源を引っ張るなどの簡単な工事が必要です。

 

工事費用は5000円~1万円程度で、部品代と併せて1~3万円程度で取り付けする事ができます。

 

賃貸住宅の場合は、穴あけ工事などを禁止されている場合もありますが、ドアモニター程度であれば拒否される事はなく、家のステータスとしてもプラスになるものですので、退去時に残しておく事を条件に工事が許可されるケースもあります。

 

 

工事不要タイプ

長く住むか分からない賃貸住宅の場合は、工事不要タイプのドアモニターを選ぶ事もオススメです。ドアの上部に挟んで設置をして、電源は乾電池を使用するといった簡易的なものでも充分実用性はあります。

 

工事不要タイプのドアモニターも多くの商品があり、1万円~3万円程度が相場になっています。

 

 

 

 

訪問販売などにも抜群の威力を発揮する

ドアモニターの大きなメリットは、防犯対策や不審者に対しての防犯効果だけではなく、訪問販売をしに来る業者の対応も便利になります。

 

訪問販売のバナー

訪問販売は、法律的な違法性が少なくても、中には強引な押し売りや、ぼったくり価格での販売商品など、詐欺まがいなものも多数あります。

 

悪質な業者であれば、一度玄関を開けてしまうと、しつこく売り込まれる事もありますが、ドアモニターが付いていれば、玄関を開けずに対応する事や、モニター越しに営業マンが見えた時点で居留守を使って対応しないという方法も可能です。