オートロックや防犯カメラが設置されているマンションなどを選ぶようにしましょう。

一人暮らしの防犯対策

 

一人暮らしをする上で、防犯対策はとても大切です。
どのような防犯対策をしておくべきなのでしょうか?

 

 

セキュリティのしっかりしている物件を選ぶ

一人暮らしをするときには、オートロックが設置されていたり防犯カメラが設置されているマンションを選ぶようにしましょう。100%安全ではありませんが、悪徳な訪問販売や強盗などにあうリスクを低くする事が出来ます

 

 

犯罪に巻き込まれそうなときに駆け込める場所を確認しておく

一人で暮らしていると、いつどのような犯罪に巻き込まれるのかわかりません。近くのコンビニなど24時間営業のお店や交番など、すぐに助けを求められる場所を確認しておきましょう

 

 

鍵を開けっ放しにしない

例えオートロックのある部屋や高層階の部屋に住んでいても、在宅時でもドアや窓の施錠は忘れずに行うようにしましょう

 

オートロックのマンションに住んでいて、無施錠だったために犯罪に巻き込まれたと言う事件も起きています。在宅中だからといって、窓やドアを開け放しておいてはいけません。

 

 

ドアを簡単に開けない

訪問者がすぐにわかるように、インターホンは画面のあるものを使用しましょう

 

住んでいる部屋に設置されていない場合、市販で簡単に取り付けのできる画面つきのインターホンがありますので、それを使用するようにしましょう。

 

訪問者が見知らぬ人の場合には、ドアを開けないようにしましょう。どうしてもあけなくてはいけない場合には、ドアにチェーンをつけたままあけるようにしましょう。

 

 

洗濯物は中に干す

洗濯物で中に住んでいる人の状況がわかってしまいます。
中に洗濯物を干すか、外に干す場合には外から見えない位置に干すようにしましょう。

 

 

補助鍵を利用する

ホームセンターなどで窓やドアを2重ロックできる補助鍵が販売しているので、それを利用するといいでしょう。また、窓には防犯フィルムを貼っておくといいでしょう。

 

業者に頼むと費用もかかりますし、現状復帰もあるので、ホームセンターなどで自分で買ってきて取り付けることをおすすめします。