必ず内覧をして、周辺の環境や部屋の中の状態、広さをしっかり確認することが大事です。

一人暮らしの住まい選びのポイント

 

一人暮らしのポイントを教えてくれる女性

 

初めての一人暮らしをするにあたり、どんな住まいを選ぶべきか迷ってしまいますよね。

ここでは一人暮らしの住まいを探すときのポイントをいくつか紹介します。

 

 

住む場所と家賃を考える

自分がどの場所に住みたいか、駅からどのくらいの距離がいいのか、家賃はどのくらいがいいのか、どのくらいの間取りが良いのか、など大まかな条件を考えておきましょう

 

家賃の目安は収入の20~30%ほどが目安となります。

 

また、マンションやアパートなどを探す際には、できるだけ上の階であるほうが、防犯や防虫対策になりますし、良い日当たりを確保できます

 

部屋の位置は日当たりや騒音対策を考えると角部屋をおすすめしますが、物件によっては角部屋は家賃が少し高くなっている場合があります

 

他に考える点としては、トイレとお風呂が別になっているか、洗濯機は中に設置されているか、なども大切な確認事項になります。

 

物件を探す際に、1階が飲食店やコンビニなどがあると害虫や騒音問題に悩む事になりかねないので、できるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

 

ネットサービスを利用する

大手の不動産賃貸仲介会社が地元の不動産会社と契約をし、多くの物件をサイト上にて探す事が出来ます。

 

まずは自分が住みたいエリアでどのような物件がどのくらいの家賃で住む事が出来るのかを確認してみましょう。

 

気になる物件があった場合は、そのサイトから不動産会社に問い合わせる事が出来ます
インターネットで物件を探すときには、初期費用についてしっかり確認するようにしましょう

 

例えば敷金と礼金が0円で全く費用がかからない状態でも、退去時に過大な原状回復費用を請求される事もあります。

 

そういったことを防ぐ為に、不動産会社にしっかりと確認するようにしましょう。

 

 

必ず内覧をする

インターネット上や物件の詳細の書かれた内容だけ見て契約するのはやめましょう。
必ず内覧をし、周辺の環境や部屋の中の状態や広さをしっかり確認する事が大事です。