空き巣の60%以上が窓から侵入するため、窓を割れないように、鍵を開けにくくする事が必要です。

一軒家の防犯対策

 

窓の防犯対策

 

空き巣が狙いをつけるのは人目のつきにくい一軒家です。

 

空き巣はあらかじめ下見をしており、住人の生活パターンやセキュリティの甘さなどを確認しています。そのため、一軒家にはきちんとした防犯対策が必要になります。

 

はたして一軒家にはどのような防犯対策が必要なのでしょうか?

 

 

空き巣がまず狙うのは「窓からの侵入」

空き巣の60%以上が窓からの侵入を試みます
逆に言えば、窓さえしっかり守っていれば、空き巣の被害をかなり防げる事になります

 

2階であるからと言って窓を開け放しておくのも無用心です。近隣の住宅やエアコンの室外機など、様々なものを利用して2階からの侵入を試みる事も考えられます。

 

空き巣が窓から侵入使用とした場合、その多くが窓の鍵の近くをドライバーなどで割って、鍵を開けて侵入しようとする事がほとんどです。

 

そのため、窓の防犯対策としては「窓を割れないようにする」ことと、「鍵を開けにくくする事」が必要です。

 

窓を開けにくくするには、「防犯ガラス」という割れにくくする窓にするという手段もありますが、防犯ガラスはかなり高価なものなので、なかなか踏み切れないかもしれません。

 

そんな場合には、「防犯フィルム」を貼る、という手段があります。

 

業者に頼む事もできますが、費用が高くなってしまうこともあるので、ホームセンターなどで販売されている防犯フィルムを買ってきて、自分で設置すると良いでしょう。

 

窓の鍵は、ホームセンターなどで補助鍵が販売されているので、購入してきて設置すると良いでしょう。市販で販売されているセンサーライトなどを窓の付近に設置しておくことも防犯対策になります。

 

 

ホームセキュリティーを設置する

ホームセキュリティを契約しておくと、その会社のシールがもらえるため、貼り付けておくだけで防犯対策になります。

 

また、万が一空き巣が侵入した場合、すぐに対応してもらえるので安心できます。
各会社によって費用や質が異なってくるので、調べてみましょう。