玄関の鍵はオートロックよりも遠隔ロックが主流になりつつあります。

オートロックは必要?

 

昨今はスマートロックが流行していて、戸建て住宅やマンションの玄関部分の鍵でもオートロック機能付きの鍵が増えています。

 

オートロックは鍵のかけ忘れを防止できる一方で、鍵を持つのを忘れて家を出ると家の中に入れなくなってしまうので注意しましょう。
当サイトの見解としては、玄関にオートロックは必要ありません。ただし、スマホからの遠隔操作で鍵の施錠(ロック)をできる遠隔ロックはおすすめです。

 

 

エントランスとは勝手が異なる

 

マンションやオフィスビルのエントランスはオートロックが主流になっていますが、玄関の鍵とエントランスは使い勝手が異なります。

 

マンションのエントランスの場合、鍵を家に忘れて外出すれば玄関の鍵を閉め忘れていることを意味しています。
※玄関の鍵とエントランスの鍵をキーホルダーで繋げていることを前提
そのため、鍵を忘れて外出しても他の住人の出入りや管理人に声をかけてエントランスを突破すれば解決できる問題です。

 

それに対して、家の玄関がオートロックで鍵を忘れてしまった場合、家に家族が不在だと打つ手がなくなってしまいます。
また、スマホを鍵にしたスマートロックの場合は「鍵を忘れた=スマホを持っていない」状況になるので、家族などにSOSの連絡を送ることが困難です。

 

鍵開け業者を呼ぶために交番に駆け込む男性

玄関の鍵のオートロックでは、財布やスマホも持たずに鍵開けができなくなるトラブルがケースが多く、交番などに立ち寄って鍵開け業者を呼んで対処してもらう事例が多く見られます

 

複数人で共有するエントランスと専有している家や部屋の玄関は、オートロックの使い勝手が異なることを覚えておきましょう。

 

ハイグレードの鍵なら安心

 

グレードの高い玄関用の鍵では、ドアを閉めた時点で自動的に鍵がかかるのではなく、鍵や登録したスマホが一定の距離を離れたらオートロックになる設定をすることができます。
帰宅した時は手動で鍵を閉める必要がありますが、鍵を家の中に忘れてロックされることはないので、通常のオートロックよりも低リスクです。

 

ただし、鍵やスマホを家の中に置いた場所や電波の状況によって誤作動を起こすことがあるので、距離で識別するオートロック機能は実績豊富なメーカーの鍵を選ぶ必要があります。
どうしても玄関にオートロック機能を付けたいのであれば、安いスマートロックではなく機能性と信頼性が高い商品を選ぶようにしましょう。

 

 

玄関には遠隔ロックがおすすめ

 

オートロックの魅力は鍵のかけ忘れを防止できることです。家を出てから鍵をかけたか思い出せずに不安になったり、一度家に戻って確認をした経験を持っている方も多いでしょう。

 

そこでおすすめなのが、スマートロックなどに付いているWeb上からできる遠隔ロック機能です。

 

スマホから専用のアプリやWebページにログインすれば、家の鍵が現在かかっているかを確認でき、かけ忘れていた場合には遠隔ロックをすることができます。
スマホや鍵の持ち忘れで家に入れなくなるリスクがなく、かけ忘れのリスクを軽減できることから、玄関の鍵ではオートロックよりも遠隔ロックが主流になってきました。